【必須ツール】プログラミング用フォントRictyのススメ

プログラミング用フォントを使用するメリット

今回は、プログラミング用フォント「Ricty」を紹介します。

例えば、このようなrubyスクリプトを実行しました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-25-20-49-36

一見、文法的には問題なさそうですが、シンタックスエラーとなってしまいました。

 

 

何故でしょうか…?

 

 

実は、1行目の puts 'aaa'の末尾に全角スペースがあります。
しかし、パッと見は分かりにくいし、たくさんタイピングしてたら、全角スペースが入り込むなんて、良くあるかと思います。

全角スペース問題を解決する方法はいくつかありますが、その1つとして、プログラミング用フォントの導入があります。

例えば、プログラミング用フォントの「Ricty」を導入した後、再実行すると、このようになります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-25-20-52-51

 

全角スペースが、破線の◯で表示されるようになります。

これなら、全角スペースが目視で確認できて分かりやすいですね!

文字の形も丸みを帯びた形に変わっていて、コードが読みやすくなります。

プログラマーなら、ぜひフォントにもこだわりたいですね。

今回は、プログラミングフォントでも特に人気のある「Ricty」の導入方法を紹介します。

Rictyのインストール

プログラミング用フォント Ricty

Ricty (リクティ) は Linux 環境での研究・開発に適したフリーなプログラミング用 TrueType フォントです。テキストエディタやターミナルエミュレータ、プログラミング言語やマークアップ言語に対する使用を想定しています。
(引用:http://www.rs.tus.ac.jp/yyusa/ricty.html

Rictyは、InconsolataとMigu 1Mというフォントを合成してできます。

 

遊佐さんのサイトでは、Linuxでのインストール手順が紹介されています。

macだと、Homebrewからもっと簡単に導入できるので、今回はそちらを紹介します。

 

事前準備

Homebrewのインストール(こちらを参考に、http://brew.sh/index_ja.html)

まずは、rictyが配布されているリポジトリをtapします。

 

 

すると、rictyを検索できるようになります。

 

 

あとは、インストールするだけですね。

 

あとは、To installに表示されたコマンドを入力します。

 

インストールが完了しました!

あとは、Rictyを使用したいターミナルやエディタからRictyを選択すれば、使えるようになります。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-13-15-59

お疲れ様でした!

Windows、Linuxユーザの方でRictyを使いたい方は、フォント合成が必要になりますが、スクリプトが公開されているので、導入できます。

また、Rictyの姉妹フォント「Ricty Diminished」は、フォントがそのまま配布されているので、導入がより簡単です。

手軽にプログラミングフォントを使いたい方は、「Ricty Diminished」を使うのも、アリです!

 

見やすいプログラミング用フォント「Ricty Diminished」をWindowsにインストールしてSublime Textで利用する方法

もっとこだわりたい人は、自分に合ったプログラミングフォントを色々探してみるのも、良いでしょう!

それでは!