よく使うGitコマンドまとめ【随時更新予定】

こんにちは、秦です。

今回はGitHubを使って作業するにあたって自分がよく使っている、または調べたコマンドについてまとめていきたいと思います。

便利なものやよく調べてしまうものについては随時追加していく予定ですので、是非ブックマークや共有をして開発の手助けにしていただきたいと思います。

現在のブランチ名を取得する

上記の branch コマンドの contains オプションは、指定したコミットを含むブランチのみを表示します。

なので、以下の様に指定しないとデフォルトで HEAD が指定されます。

 

新しくブランチを作成しそのブランチに移動する

 

ローカルブランチの確認

 

ローカルのブランチ名を変更する

カレントブランチ以外のブランチ名を変更したい場合

カレントブランチのブランチ名を変更したい場合

 

ローカルブランチを削除

--delete ではなく -d でも同じです。

上記はマージ済みブランチのみ削除可能です。マージされていないブランチの削除は以下で行います。

 

リモートブランチを削除

または、

 

リモートから消えているブランチがローカルにある

ブランチの確認として git branch -a を実行した際にリモートでは削除されているブランチが残っていることがあります。他人が追加したブランチは fetch すた際に追加されますが、他人が削除したブランチは自分でローカルから削除するかリモートからローカルに適用する必要があります。

-prune は -p でもできます。また、 fetch  ではなく pull でも可能です。

毎度適用するのが面倒なら設定を変えよう

毎度リモートから適用するのが面倒で運用上も問題がなければ、ホームディレクトリの .gitconfig に設定を追加することで自動で fetch に prune を実行してくれます。コマンドで設定する場合は以下のコマンドで、

ホームディレクトリの .gitconfig に直接なら以下のコードを fetch の欄に追記してください。

git add を取り消す

 

直前に戻る

 

一つ前に戻る

 

指定されたログに戻る

 

その他便利なコマンド

他にも便利なコマンドはありますが、外部サイトを参照することで省略させていただきます。